BOOK DETAILS

文化とアートのマーケティング

フランソワ・コルベール/フィリップ・ラヴァナス【編著】
曽田修司/中尾知彦【訳】
A5判並製/392頁
本体 2,800円+税
ISBN978-4-902078-67-1
2021年8月刊行


世界15言語翻訳出版のロングセラー、待望の邦訳。
アートや文化のマーケティングとは、ミッションを達成するために
不可欠のツールである。
文化とアートのマネージャーは規模の大小、 非営利/営利、 ローカル/グローバル、 行政/民間、団体/個人を問わず、文化とアート特有のコンテクスト、消費者行動のリサーチに基づいた知識体系をつねに獲得し続けなければならない。本書は文化やアートに関わる人々に、枠組みと分析のアウトラインを提供する。


正誤表

本書内に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。
▶︎ 115ページ・307ページ 「問題」全文差し替え >PDFダウンロード
*9月15日以降出荷分は、修正済みです。

すでにお求めくださいました未修正の本は、新本とのご交換を承ります。 新本送付先のご住所、お名前を添えて、下記まで着払いにて書籍をお送りください。
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-16-10 ヒルトップ壱岐坂701
 美学出版LLC 『文化とアートのマーケティング』返本交換係


目次

第1章 文化事業体とマーケティング
1.1 マーケティング、アーティスト、市場
1.2 マーケティング計画
1.3 マーケティングの倫理
第2章 マーケティング・リサーチ
2.1 市場の定義
2.2 リサーチ
2.3 需要
第3章 消費者の分析
3.1 消費者市場の概観
3.2 マズローの欲求段階説
3.3 セグメンテーション
3.4 消費者行動
第4章 状況分析
4.1 マクロ環境
4.2 ミクロ環境
4.3 競争
4.4 製品のポートフォリオ
4.5 組織の分析
4.6 SWOT分析
第5章 戦略
5.1 戦略
5.2 ポジショニング
5.3 統制
第6章 製品
6.1 製品
6.2 顧客サービス
6.3 製品ライフサイクル
6.4 新しいアート製品・文化的製品を開発する
第7章 価格
7.1 定義
7.2 プロセス
7.3 目標
7.4 メソッド
7.5 戦略
7.6 制約
7.7 その他の考察
第8章 流通
8.1 定義
8.2 流通チャネル
8.3 流通戦略
8.4 物流
8.5 ロケーション
第9章 プロモーション
9.1 定義
9.2 プロモーション・ツール
9.3 プロモーションの変数の機能
9.4 プロモーション・ツールの選択
9.5 受け取る側
9.6 プロモーション計画
9.7 スポンサーシップ
第10章 テクノロジー
10.1 eマーケティング
10.2 オンラインの流通
10.3 顧客の特定
10.4 顧客のモデリング
10.5 販売予測
10.6 ダイナミック・プライシング
10.7 関係性マーケティング
第11章 国際化
11.1 国際化とグローバル化のトレンド
11.2 国際化:インセンティブと障壁
11.3 国際的活動に関わる前に考えておくべき要因
11.4 マーケティング・ミックスを再訪する
11.5 連合:ジョイント・ベンチャーから直接投資まで
結論
 
訳者あとがき
索引
執筆者・訳者紹介

【編著者】
フランソワ・コルベール François Colbert(C. M., M.B.A., M.Sc.)

HEC(モントリオール商科大学)のマーケティングの正教授であり、カーメル&レミ・マルクー・アーツ・マネジメント講座を主宰するとともに、国際アーツ・マネジメント修士課程の責任者である。彼はまた、「インターナショナル・ジャーナル・オブ・アーツ・マネジメント」の創設者兼編集責任者である。40年以上にわたって芸術文化領域での活動に積極的に携わり、カナダ・アーツ・カウンシルなど数多くの文化組織の理事を務めてきた。これまでにアーツ・マネジメントに関連する200近い著作があり、2002年には、アーツ・マネジメント分野の発展への多大な業績と比類のない貢献に対してカナダ勲章が授与された。2005年にはカナダ王立協会のフェローとなり、2012年にはユネスコ(国連教育科学文化機関)の文化マネジメント担当の長に任命された。

フィリップ・ラヴァナス Philippe Ravanas(D.E.S.C.A.F., M.B.A)
シカゴのコロンビア・カレッジの教授であり、ビジネス&アントレプレナーシップ学部の名誉議長である。フランス生まれで、マーケティングの専門家であり、30年にわたって文化産業とヨーロッパ、北アメリカ、中国、ロシアのアカデミア[学術研究者集団]の間の架け橋を築いてきた。HECおよび中国の中央戯劇学院の訪問教授であり、世界中で広く講義を行っている。また、『インターナショナル・ジャーナル・オブ・アーツ・マネジメント』の共同編集者であり、『ジャーナル・オブ・カルチュラル・エコノミクス』に寄稿している。パリのウォルト・ディズニー・カンパニーとロンドンのクリスティーズ・オークション・ハウスで働いていた経験がある。国連貿易開発会議、世界貿易機関(WTO)、ヨーロッパ議会、ナショナル・ジオグラフィック協会、アマゾン、RCA、テクニカラー、コロンビア・スポーツウェア、 ACニールセン、ゼネラル・エレクトリック、東芝に対してコンサルティング・サービスを提供してきた。彼は、シカゴのセカンド・シティ・シアター、サンフランシスコ・シェイクスピア・フェスティバル、ボストンのレベルズほか、多くの文化機関のマーケティング計画の作成を指導した。

【著者】
ジョアンヌ・ブリュネット Johanne Brunet
英国ウォーリック大学でM.B.A., Ph.D.(産業・ビジネス学)を取得。HEC(モントリオール商科大学)教授(マーケティング)。文化産業の国際マーケティングを専門としている。

マリアキアラ・レストゥッチア Mariachiara Restuccia
英国サセックス大学ビジネス・マネジメント・アンド・エコノミクス・スクール、ビジネス・アンド・マネジメント学部マーケティング講師。

J・デニス・リッチ J. Dennis Rich
AEMM名誉議長(退任)。博士。シカゴ・コロンビア・カレッジ、エンタテインメント&メディア・マネジメント学部パフォーミング・アーツ学科。

ヤニック・セント・ジェームズ Yannik St. James
カナダ・クイーンズ大学。博士。HECのマーケティング准教授。消費者行動とブランド・マネジメントの専門家。

【訳者】
曽田修司 (そた しゅうじ)
跡見学園女子大学マネジメント学部教授(2002年〜)。東京大学文学部国文学専修課程卒業。1980年より東宝株式会社演劇部宣伝企画室所属、同社宣伝プロデューサー。1990年より国際舞台芸術交流センター(PARC)の事務局次長として、東京国際舞台芸術フェスティバル(1995年/1997年)、「芸術見本市」(東京)等の運営統括業務に携わる。2010年より社団法人国際演劇協会日本センター(2013年公益社団法人に移行)理事。2016年HEC(モントリオール商科大学)訪問研究員。文化経済学会〈日本〉会員、日本文化政策学会会員。

中尾知彦 (なかお ともひこ)
慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻卒業。シンシナティ大学音楽院大学院修了ならびに同大学経営大学院修了(シンシナティ大学特別奨学生、国際ロータリー財団奨学生、文化庁芸術家在外研修員〔新進芸術家海外研修制度〕)。1996–97年野村国際文化財団の助成を受け、英国・マンチェスターのハレ管弦楽団等で研修。群馬交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、静岡文化芸術大学文化政策学部准教授を経て、現在慶應義塾大学文学部准教授。専門はアーツ・マネジメント。文化経済学会〈日本〉理事。日本アートマネジメント学会関東部会役員。



PAGE TOP